住生活用品業界の動きを伝える月刊紙 LIVING-BIZ

月刊リビング・ビジネス

よしえが見た いい寝!

夏の睡眠・熱中症対策

小島祥栄
小島祥栄

 

毎日暑いですね。暑いだけでかなり体力を消耗しますので、一日の疲れはその日のうちにとることが大切です。それにはきちんと眠ること。今回は夏を乗り切る寝具について考えてみました。

 眠ってしまうと暑い・寒いがわかりにくくなりますので、まず汗をかきにくい寝室環境に整えます。熱帯夜にはエアコンをつけるか扇風機を回すなどして室温を下げ、間接的に風を当てることで体の熱が逃げやすくなります。次に汗をかいたままでは寝苦しく目が覚めてしまうので、汗を吸収・発散しやすい寝衣(ねまき、パジャマ)や掛け布団、敷布団を着用するのが良いようです。

 寝衣は寝返りを打ったときに風が抜けやすく、汗や湿気を吸ってすぐに蒸発しやすい生地、具体的には綿か麻、ポリエステル混のガーゼや目の粗い生地使いが良いでしょう。敷布団、ベッドマットレスは夏だからと変更するのが難しいので、シーツや敷パッドで熱の調整をします。

 シーツや敷パッドも汗や湿気を吸いやすく、寝返りを打ったときに体と敷布団との間に貯まった熱が逃げやすい綿や麻、タオル地、またメッシュの敷パッドもお薦めです。メッシュの場合5㎜以上高さがあると風が通りやすくて涼しいです。昨今流行りの触るとひんやりするポリエチレン製敷パッドも期待できますが、室温が32℃以上ある場所では効果がわかりにくくなります。昔のように茣蓙を敷布団の上に敷くのもお薦めです。

 お腹を冷やさないように掛け布団も大切です。タオルケットやガーゼケットは汗とり効果もありますが寝返りがうちにくいので、ダウンケットがお薦めです。ダウンケットの生地は高密度のため触るとひんやりします。エアコンをつけていると特に冷たくて気持ちがいいものです。枕は中にわたに熱がこもりやすいので、吸水発散性のよいピローケースを使用してください。この時期だけ氷枕に変えてみるのもいいですね。とにかく『眠る』ことが大切です。

 これだけ準備すれば睡眠中に熱中症になることはないと思いますが、眠る前に水と携帯電話を枕元に置けばいざというときに安心です。ただ、日中に汗をかきすぎるとミネラル不足で就寝中に熱中症になることもありますので、食事のバランスにも注意してください。疲れは眠ることでしかとれません。少しでも熟睡できるように皆さまお気を付けください。

熱中症にならない睡眠環境を
熱中症にならない睡眠環境を

ページトップへ戻る